セフレに出来る女性のタイプ

セフレを探す時、どんな女性をセフレにしたほうが良いのかじっくり考えてから選んでいますか?
女性はあまり深く考えずに成り行きでセフレを作る事もありますが、男性はできるだけこんなタイプのほうが良いかな?等と考えていたほうがいざセフレとなってからも割り切った交際をする事が出来るので、計算してセフレを作るようにしましょう。

ではどんなタイプの女性がセフレとして相応しいのかを教えます!

彼氏ありの女性

セフレとして交際しやすい女性のタイプとして人妻の次に人気になのが、彼氏有りの女性です。
彼氏がいる女性をセフレにするのは一見難しそうに思いますが、実は彼氏がいない女性に比べると比較的簡単にセフレにすることができるんです。

女性は彼氏がいるとどんなに幸せの絶頂にいても恋の悩みが必ずあります。
そしてその悩みを相談するのは決まって彼氏の友達なんです。
彼氏の相談をするからと言ってメールでのやり取りから始まり、電話となり最終的には飲みに行って相談をするようになるのですが、結果的に必ずセックスをするようになります。

もちろん始めはそんなつもりはなかったはずですが、女性は相談に乗ってくれる男性にたいして「この人が彼氏だったら…」なんて思うようになってしまうのです。
もちろん彼氏と別れて友達と付き合うなんてことはすぐにせずに、結果としてセフレとしての交際が始まっていくのですが、メリットはまさにそこです!男性なら一度は思った事があると思いますが、友達の彼女がスゲー可愛い!一体何処で見つけたんだ?!と羨ましくなった事ってありますよね。

そう思った時こそチャンスです。
友達の彼女の相談相手となりセフレになれるように計算して動いてみましょう。
彼氏有りの女性をセフレにするメリットはまさにそこで、あくまで彼氏の事が好きだけど寂しい時間を埋めるだけの相手としてセフレになってあげる事が出来るので、完全に割り切った「秘密の関係」を維持する事ができるのです。

ですが実はこの場合デメリットもあって、もしもバレてしまえばその彼氏と修羅場となってしまう事は確実!だからこそ二人でよく話し合って絶対に誰にも言わない、二人だけの秘密の関係にしようと言う約束をして下さい。

そうすればデメリットから逃れる事はできるので、どんなにセフレが可愛くて自慢したい相手でも、そこはグッとこらえて我慢しましょう。今回は友達の彼女をセフレにしたパターンについてお話していますが、友達とかではなくただ単に彼氏有りの女性をセフレにするメリットとデメリットもあり、メリットとしては寂しい時間だけを埋められれば女性は満足なので完全にセックスだけの付き合いができればそれでOKと言う事と、デメリットは上記の内容とあまり変わりはなく、もし彼氏にバレると修羅場となるという事なのでやはりどんな関係から始まるセフレであっても、二人だけの秘密にすると言う約束をする事は重要です。